Third Action!

 

Third Action!

Third Action!

 
  1.  真夜中のスカイハイ ★9
  2. Thrilling Dream ★10
  3. 硝子ドール ★8

(自分の好みの目安で意味はそれほどありません)

 

アイカツ!で最も好きなアルバムの一つ。すべてMONACA楽曲で、順に田中さん、石濱さん、帆足さん。アイカツのアルバムは、アイカツ!の曲とMONACAが好きすぎて、「良い」しか書けなくなりそうなので、記事にするのを躊躇します。

アイカツ初期の頃の衝撃がなつかしいです。最初は月曜19時あたりだったと思います。OPの『Signalize!』がとてもちびっこ向けとは思えない尖りすぎた曲。最初のライブ楽曲『Move on now!』が、いわゆるステレオタイプなアイドルの曲とはまるでかけ離れたボサノバ調のハウスミュージック、そしてEDの『カレンダーガール』が好みどストライクのフュージョン系ポップスで…。何気なくつけた女児向けアニメの楽曲が衝撃的すぎました。たぶん主題歌が『アイドル活動!』だったら気に留めなかったと思います(この曲自体は好きですけど)。「まだ音楽を選り好みしない子どもたちだからこそ、いろんなジャンルの曲に触れてほしい」という制作側の意図がすばらしい。最初『Move on now!』のライブシーンを見て、楽曲としてはすばらしいけどちょっとのりにくくない?とか思っちゃったけど、たしかに子どもをばかにしてはいけませんね。思えば『みんなのうた』とかも尖った楽曲が散見されるし。子どもたちじゃないけどいろんな曲に触れたいです。

 

前置きが長くなりすぎてほぼアイカツ!の思い出になってしまった。衝撃が抜け切らない頃に発売されたこのミニアルバム。

『真夜中のスカイハイ』、この曲にかぎらずアイカツ曲はベースのグルーヴ感がすばらしいですね。イントロ、Aメロで掴まれました。Bメロサビのコード進行大好き。間奏のソロが渋い。ファンク調な感じがモー娘。(とくにダンス☆マン楽曲)を連想します。カレンダーガールもそうかな。『Thrilling dream』もかなり尖った曲なのにポップスとして成り立っているのがすごいです。もっというとおじさんみたいな曲なのにアイドル曲として成立してるという奇跡。Bメロの転調がめちゃ好き。アレンジが巧みで演奏もすばらしいです。オフボーカル版も聴き込めます。これまた間奏が相変わらずかっこいい。『硝子ドール』ゴシック感と中二感といったキャラの性格ありつつ、でもいかにも!になってないのが絶妙。Bメロからサビにかけてメロディーもすごい。この曲の間奏は衝撃的通り越して笑った記憶。1分近くある。ドリームシアターかと思った。ギターとキーボードが高速でユニゾンするソロパートがかなり本気。

通して聞くとたった3曲なのにあらゆるジャンルが入り乱れてカオスなアルバムなんですけど、それぞれの楽曲がかなり高いレベルで、まさにこの作品のノンジャンルっぷりを象徴してると思います。