日記1104とマリオオデッセイの感想

ここ数日、アクセス数がいつもの数十倍で驚いています。おそらくアレですね。僕もあの箇所が大好きです!見返すととんでもなく読みづらい記事で恥ずかしい。

 

あらためて簡単に自己紹介しておきます。このブログはどういう経緯で開設したか定かでないのですが、いまは主に音楽についての記事がほとんどです。ジャンルでいうとフュージョン渋谷系ポップスが好みですが、媒体としてはとくにゲームの音楽を好んで聞きます。具体的に好きなアーティスト/作曲家さんについて、いつか触れてみたいと思います。楽理に興味があるので記事内でよく言及していますが、聞きかじりの知識で見よう見まねでやっているので、あまり有用性はないです…。
普段は地方の学生です。音楽とはまったく関係のないことをやっています。

 

続きはマリオオデッセイの感想です。

 

■マリオオデッセイ面白い!
スーパーマリオオデッセイ楽しいです。テーマ曲の『Jump Up, Super Star!』めちゃいい曲です。シリーズ初のボーカル曲、マリオのテーマ曲にぴったりなスウィング系で、過去作(ドンキーコング)リスペクトのフレーズなどもありつつ、IIIm7-5 VI7(b9) とか、サビでの短三度転調とか、好みのポップス要素が詰まってます。


スーパーマリオ オデッセイ ミュージカル Jump Up, Super Star!


近年のマリオシリーズは過去作リスペクトの要素が多く見受けられるんですが、今回は3Dシリーズということでマリオ64の要素が、死ぬほど遊んだのでとてもうれしいです。どこかのインタビューでマリオ64をシリーズで最初に遊んだ世代が制作側にいるということも意識されていたようですし、64もファミコンスーファミと同じような域のクラシックな世代として、もはやリメイクではなくそのまま引用されているのが何か感慨深いです。
とりあえずメインストーリーは終わりましたがまだムーン全然集めてない!
あと最終盤で聞けるボーカル曲もめちゃいいですよ。